awsでサーバーレスにすると監視は不要になるのか

パソコン16

社内システムを整えるときにawsはサーバーレスだから良いということがよく言われています。自社サーバーを立ち上げて運用をしていくよりも負担が少なく、監視も特に必要がなくなるとすら考えている人もいるでしょう。

実際はどうなのかを簡略化して説明するので、メリットとデメリットを考慮して導入するかを考えてみましょう。

自社サーバーはなくなるがクラウドサーバーは運用する

awsを導入するとサーバーレスにできると言われているのは自社サーバーを持たなくて良いという意味です。サーバーがなくてもサーバーのようなものを使って社内インフラとなるシステムを構築したり、各種アプリケーションを利用したりすることができると誤解している人もいるでしょう。

実際にはawsを利用するときにはクラウドサーバーを運用することになります。awsでは巨大なサーバーを持っていて、ユーザーに対してその中の領域の一部を割り当てるサービスをしているのが特徴です。割り当てられた領域の中でユーザーはサーバーと同じようにシステムを構築し、アプリケーションを利用し、ストレージとしても活用するということができます。

awsでは割り当てるサーバーの領域に可変性があるのが特徴で、ストレージがオーバーしそうなときに自動的に大きくなるようにしたり、トラフィックが混雑して障害が起こりそうなときにCPUやメモリを拡張したりすることが可能です。

それによって料金が高くなる仕組みになっているので注意は必要ですが、通常のサーバーの概念とは違ってスペックが可変というのは念頭に置いておくと良い点でしょう。従来の自社サーバーを使ってきた現場では違いを理解するのに苦労することも珍しくありません。

その前提としてサーバーレスになってもクラウドサーバーを運用する必要があるという認識をしておくことが必須でしょう。

awsと一般的なクラウドサービスとの違いを理解しよう

パソコン17

awsのサービスはクラウドサービスの一種と考えることができますが、一般の人が考えているクラウドサービスのイメージとは少し異なっています。クラウドで提供される業務システムやデータベースシステムなどが増えてきていて、企業でも現場に導入することが多くなりました。

この場合のクラウドサービスでは完全にサーバーレス環境で利用することが可能です。このタイプのクラウドサービスは業者が運用しているクラウドサーバー上にユーザー用の領域を作成し、その領域に必要なシステムを構築して利用できる形を整えています。

つまり、ユーザーが関知する範囲はサーバー上のシステムであってサーバー自体ではありません。そのため、サーバー監視をする必要がなく、サーバー上にあるシステムの管理をすれば良いだけになります。

これに対してawsの場合にはサーバーとして利用できる領域をクラウドサーバー上に割り当てる仕組みになっています。つまり、その領域にサーバーとして機能するインスタンスを作成し、そのインスタンス上でシステムやアプリケーションなどを構築することがユーザー側に求められるのです。

どんなシステムでも構築できるメリットがあるものの、割り当てられているのはサーバーの元になる領域なので、その部分は全てユーザーが管理しなければなりません。

そのため、サーバー監視はawsを利用するときには不可欠になるのです。


ハード面の管理や運用は不要になる

気を付けておきたいのは自社サーバーを運用する場合とawsを利用する場合で運用や監視の負担は違うということです。サーバー本体を代表とするハード面については大きな違いが生じます。自社サーバーの場合にはサーバー本体やネットワークに関わる一通りの機器や配線を維持管理することが必要になり、ハード面の監視も実施していかなければなりません。

しかし、awsを利用するとハード面についてはawsが責任を持ってくるようになります。割り当てられた領域から現場での利用のところまでユーザーが責任を負い、サーバー本体や領域の割り当て方などについては全てawsが責任を負います。

そのため、ハード面の維持管理などは必要がなくなり、サーバー運用の負担が軽減されることは事実です。

サーバーの監視は不可欠

awsを利用するときにはサーバーの運用をするために監視をすることが不可欠です。一般的に自社サーバーを運用するときには限られているサーバーのリソースを効率的に使ってパフォーマンスを最大化しつつ、障害発生リスクを低減させることを目指します。

しかし、awsの場合にはリソースは課金額を変更することで増やせるので、業務効率と予算の兼ね合い、つまり、コストパフォーマンスを重視した運用が必要になるのが特徴です。莫大なトラフィックが必要になるときにむやみに制限をするのではなく、一時的にトラフィックを増やせるようにして運用するということも必要になる場合があります。

このようなニーズに応じた適切な対応が求められることから、awsの運用におけるサーバー監視の重要性は高くなっています。判断を下すためには定期的にメトリクスを取得してサーバーの利用状況を確認しつつ、業務動向に関する情報を得ることが必要です。

サーバー監視はサーバーの利用状況を確認する上で欠かせないことで、経時的なデータがあることで合理的な判断ができます。このような情報を組み合わせて最適なリソース配分やリソースの拡張、縮小を検討するとコストパフォーマンスが上がるのです。

監視の方法を再構築しよう

サーバー監視をする体制をどうするかはawsを導入するときの切実な問題です。今まで自社サーバーを運用してきたのであればそのままの体制で行いたいと考えるのがもっともなことですが、ハード面の業務がないことに加え、必要になる考え方が異なるので同じ体制がベストとは言えません。

監視の方法は再構築するのが賢明な考え方で、現場での運用方法も加味して合理的な方法を導き出しましょう。awsの監視は外部委託もでき、自動化のための方法も確立されてきているので、再構築の際には詳細を確認してみるのが肝心です。

サーバーレスでも監視は必要

awsを導入すればサーバーレスにできると言われていますが、実際にはクラウドサーバーを運用する必要があります。効率的な運用と障害発生への対応をするためには監視をすることが不可欠です。ハード面の対応が不要になるので監視体制を再構築するのは大切で、外部委託や自動化も含めて合理的なやり方を導き出すようにしましょう。